建物修繕

Plusidea

長期修繕計画の必要性

長期的な視点で資産価値の維持・向上を実現する修繕計画を提案します。

長期修繕計画表

竣工から30年の間、どのような修繕箇所があり、いつごろ行うのか、目安がわかります。

資金計画

ゆとりある資金計画があってこそ、質の高い施工が可能となります。

大京アステージの経験と知識

頼りになります。経験と最新知識のアドバイス。

大京穴吹建設