管理員業務

専門的な研修で身に付けた均一かつ高いレベルの技術でお客さまのマンションライフをしっかりサポートいたします。

私たちは「マンションにお住まいの方々の暮らしをサポートする者」を表現するため、管理員業務を行う者を「マンションサポーター」と呼んでおり、お客さまに安全・快適性を提供しています。
清掃方法はもちろんのこと、お客さまとのコミュニケーションについてや共用設備の点検方法なども修得した者をマンションサポーターとして配属いたします。マンション配属後も定期的な研修を行い、お客さまの大切な資産をお守りするにふさわしいスタッフの育成に努めています。また、今後の高齢化社会のマンションライフに対応し、認知症の方々を優しく見守ることができるように、認知症サポーターの講習を継続的に取り組んでいます。
※認知症サポーター講習については、沖縄地区のマンションサポーターを除きます。

マンションサポーター

マンションサポーターは、大京グループの研修センターで研修しています。東京都の認定訓練実施校の認定を受け、設備も充実しています。
当センターでは、約40名が同時に研修を受けられる講義室や、実際にマンションで使用している各種設備を設置し、マンション管理に関する知識やノウハウを伝える他、実演・実習を行っています。
また、上下左右の音の聞こえ方、地震の後のマイコンガスメーターの復旧方法、消火訓練など緊急時の対応なども、研修できるようになっています。

研修センター

エリア体制エリア体制とは、マンションサポーター10名程度毎に地域分けし、その中で各マンションサポーターがお互いに協力できるようにネットワーク化したシステムです。
マンションサポーター1人では対応が困難な非常時や、不在時等にもログシステムセンターと警備会社との連携により適切かつ迅速な対応ができるように備えています。